OrcacloudトップOrcacloudとは

Orcacloudの特色

ORCAクラウドとは

1.早いスタート  打ち合わせ無く今からでもレセコンをスタート可能
2.信頼・サポート  クラウドサービスの長年の稼働実績、ITインフラ提供だけでなく医療事務サポートも可能
3.トップクラスの抑えたコスト  初期費用0円。クラウド、オープンソースに特化して実現した価格
4.他にない柔軟な拡張性  他社電子カルテ、受付・予約、会計、レセプトチェック、検査データなど各アプリケーションとの豊富な連携
チャットサポート

Orcacloudとは、レセプトや電子カルテなど医療に関わるITをクラウド化し=インターネットで構築し、容易かつコストを抑えて医療に必要なインフラを提供するITサービスです。

長年、医療業務のIT化を進めることによる効率化、コストダウンが目指され、その一環において登場したのが「ORCA」です。
レセプトソフト「ORCA」は日本医師会が日医IT化宣言に基づき発足されたオープンソースのソフトウェア開発プロジェクトです。

しかしながら、このORCAでも、Linuxが必要であったり、導入側に専門知識が必要なため、相当コストはかかり、導入にも2ヶ月は必要とされてきました。

Orcacloudは、クラウドサービスとして今すぐにでも使える導入しやすさと低価格を実現しました。

一方で、カルテの電子化も進んでいますが、これもまた導入にコストがかかります。

電子カルテとレセプトシステムのワンセットは現在の医療機関にはすでに必要不可欠なITです。
Orcacloudでは、電子カルテとレセプトを連携して利用出来るようなサービスも用意しています。その他、各アプリケーションとの連携サービスも増えていきます。

Orcacloudでは、クラウドの特色として、最新状態の日医レセシステム、電子カルテを使い続けることが可能です。
日々生成されるデータを世代保管することが可能です。


日本は今、膨大化する医療コストが国民的課題となっていますが、「Orcacloud」はその現状を変える安価で安心なサービスです。

ORCAおよびOrcacloudが持つ主な機能

  • ・保険請求のレセプト作成
  • ・診療内容の入力
  • ・窓口会計(患者の支払い料金)の計算
  • ・処方箋の発行
  • ・投薬使用量の管理
  • ・お薬手帳、薬剤情報の発行
  • ・領収書発行、明細型領収書発行
  • ・電子カルテ GlassDolphin(OpenDolphin)(標準提供)、エムスリーデジカル、モバカル等との連携
  • ・給管鳥などの周辺アプリの提供と連携
  • ・予約、会計など他システムとの連携

電子カルテについて

Orcacloudは電子カルテも連携して使用することが出来ます。
現時点ではGlassDolphin(OpenDolphin)、エムスリーデジカル、モバカルネットが公式に使用可能です。

すでにお使いの他社電子カルテを使い続けることも可能ですのでご相談ください。


GlassDolphin・・GlassDolphinは現在¥0無料です。

GlassDolphinはオープンソースソフトウェアです。GlassDolphinとは
検体検査データとの連携も可能です。

Orcacloud:検体検査データとGlassDolphin(OpenDolphin)との連携




モバカルロゴ

モバカルアイコンモバカルネット
モバカルはNTTエレクトロニクステクノ株式会社製の電子カルテです。
在宅医療用電子カルテに照準したところに特色があります。
月額料金+10%のオプション料です。

以下のような要望の方向け
・在宅医療用の電子カルテを探している
・多職種などで情報共有できるツールを探している
・居宅療養管理指導書など医事文書作成をなるべく自動化したい
・カルテだけでなく、レントゲンなども一括管理したい
(モバカルネットのサイトより)





モバカルネットのご使用には、有料連携ポートが1つ必要となります。
試用期間中にモバカルネットと連携してご使用される場合、有料化へのご移行となります。

NTTエレクトロニクステクノ株式会社との別途ご契約が必要となります。



デジカルロゴ

デジカルアイコンエムスリーデジカル
エムスリーデジカルはエムスリーデジカル株式会社製の電子カルテです。
iPadで手書き可能なガジェットの豊富さ、スタートアップの開業医向けの特色があります。
月額料金+10%のオプション料です。

エムスリーデジカルの特長
・紙カルテのように書けるiPad Proアプリ
・入力が楽になる自動学習機能
(エムスリーデジカルのサイトより)

デジカルイメージ図
エムスリーデジカルのご使用には、有料連携ポートが1つ必要となります。

エムスリーデジカル株式会社との別途ご契約が必要となります。




各医療系ソフト、医療機器の連携について

各医療系ソフト、医療機器とレセプトソフトORCAの連携は、特定ポートを介して連携する場合が多いです。

Orcacloudでは標準サービスでは、ORCA用のポートとWeb用のポートが各ユーザに1個づつ割り当てられます。

各医療系ソフト、医療機器をお使いになる場合に、新ポートが必要な場合は、月額基本料の10%の追加オプション料金が基本となります。
ケース、使用状況にもよりますので個別にご相談下さい。

以下の各医療系ソフト、医療機器と連携が可能です。



介護給付
GlassQkan(給管鳥)
GlassQkan(給管鳥)はGlassQkanは「給付管理/介護報酬請求支援ソフト」です。
訪問・通所、短期入所サービスなどの請求に対応し、国保中央会「介護伝送ソフト」用のCSVファイルを出力します。

週単位または月単位の簡単な入力作業のみで、サービス利用票・提供票、給付管理票、給付費明細書・請求書および、訪問看護計画書・報告書、居宅療養管理指導書などが作成できます。 日医標準レセプトソフトからの患者基本情報を取り込むことが可能です。

アプリケーションはこちら






介護給付
ファーストケア(ビーシステム)
ファーストケアは株式会社ビーシステム製の介護関連ソフトです。
介護現場経験者も加わり、介護現場の生の声からできたソフトです。

ファーストケアの特長
・ネット依存せずサクサク操作
・重要なデータを自社で管理可能
・マイナーバージョンアップが自動で常に最新状態
・ASPからのデータの基本部分を費用ゼロで移行サポート
・伝送サービス(オプション)は1クリックで送信完了
(ファーストケアのサイトより)


ファーストケアイメージ

株式会社ビーシステムとの別途ご契約が必要となります。
有料連携ポートは使用しません。


Clinic KIOSKロゴ
予約受付・会計
 Clinic KIOSK(電算システム)

Clinic KIOSKはクリニック、診療所専用の自動再来受付・自動精算機です。窓口業務・会計業務を効率化するためのソリューションです。ハードウェア、システムが含まれます。

Clinic KIOSKの特長
・現金授受の負担軽減
・会計待ちストレス軽減
・受付待ち時間の短縮
・最薄、最小スペース
・19インチ大型タッチパネルで簡単操作
・混雑時のピーク分散
・人為的なミスの削減
・電子カルテ・医事会計システムとの連携
Clinic KIOSKイメージ

株式会社電算システムとの別途ご契約が必要となります。



ヨヤクルロゴ

予約受付
 ヨヤクル(株式会社ヨヤクル)

ヨヤクルは、予約、診療番号のディスプレイ表示、予約のメール通知など、"予約"で医院様、患者様をスムーズにつなぐWEB・CTI診療受付・予約システムです。

ヨヤクルの特長
・カスタマイズ機能は100種類以上、最適な診療予約システムにカスタマイズ
・バーコード受付、タッチパネル受付に対応、電子カルテと連動の設定をすれば自動で受付が完了
・待ち人数、時間、診察中の受付番号など、表示内容をご要望にあわせてカスタマイズ
・予約日時や診察の順番が近づくとメール、自動音声でお知らせを通知
・電子カルテ・レセコン連動


ヨヤクルイメージ


株式会社ヨヤクルとの別途ご契約が必要となります。




スマイリーリザーブ

予約受付
スマイリーリザーブ(株式会社スマイリーマム)
スマイリーリザーブは、クリニック・病院向けのクラウド型診療予約システムです。
時間予約/順番予約に標準で対応したコストパフォーマンスに優れた予約管理システムです。
患者様がスマートフォンやパソコンで簡単に診察予約を取ることができます。


株式会社スマイリーマムとの別途ご契約が必要となります。


スマイルセルフ
予約受付
 スマイルセルフ(寺岡精工)
スマイルセルフの特長
・対面による自動会計で違算解消
・スタッフの会計負担を軽減
・受付待ち時間の短縮
・お金を直接触らず衛生的
・安心・充実のサポート体制
・初めての同ニュでも万全なフォロー
・シンプルな操作性
・精算機の残高を「見える化&最適化」

スマイルセルフイメージ

株式会社寺岡精工との別途ご契約が必要となります。



3Beesロゴ
予約受付
3Bees(メディ・ウェブ)

3Beesは、院内予約も患者によるオンライン予約も一元管理できる予約ソリューションです。

3Beesの特長
・診察スタイルに応じて、簡単に予約を管理
・自由度の高いカスタム設定
・患者数の少ない曜日・時間に患者さまを誘導
・患者さまによりオンライン予約で電話対応の負担を減らす


3Beesイメージ


株式会社メディ・ウェブとの別途ご契約が必要となります。




Mighty Checker for ORCAロゴ

レセプトチェック
 Mighty Checker for ORCA(エーアイエス)

Mighty Checker for ORCAの特長
・ORCA連携対応・簡単操作
・突合点検、縦覧点検、算定日チェック等、精度の高い点検による査定・返戻対策
・算定支援機能で、指導料が算定出来る可能性のあるレセプトに指摘
・会計時点検で業務効率化(オプション機能)

Mighty Checker for ORCAイメージ

Mighty Checker for ORCAは有料サービスです。ご利用料金は個別にご連絡いたします。
株式会社エーアイエスはエージェントカンパニーです。





R1-ORCA64ロゴ

診察券発行
R1-ORCA64(ムーブ)

R1-ORCA64は、ORCAから直接、診察券を発行できるソフトウェアとハードウェアのセットです。

R1-ORCA64の特長
・業界最速リライト3秒
・後残りなしの鮮明印字
・小型・軽量ボディ
・クリーニング時期がひと目でわかる
・印字項目<患者番号、バーコード、予約情報、半角カナ、漢字氏名、 生年月日、性別>

R1-ORCA64イメージ

R1-ORCA64は有料サービスです。ご利用料金は個別にご連絡いたします。
株式会社ムーブはエージェントカンパニーです。



QRコード OCトップページ

QRコード ロゴQRコード対応処方箋

QRコード対応処方箋は、A4サイズのQRコード付の処方箋です。

ORCA標準のQRコード付処方箋はA5サイズのみの提供で、調剤薬局の使用しているシステムによっては、QRコードが読み取れない場合もあります。
Orcacloudでは、QRコード付きのA4サイズの処方箋をご用意しています。


QRコード対応処方箋イメージ






検体検査データの連携ロゴ

○GlassDolphinへ取り込み 株式会社 サカイ生化学研究所

株式会社 サカイ生化学研究所の検体検査データを電子カルテ GlassDolphin グラスドルフィンに取り込むことができます。

株式会社 サカイ生化学研究所

サカイ生化学研究所

Orcacloud:検体検査データとGlassDolphin(OpenDolphin)との連携


○ORCAとの連携 富士フイルムメディカルFCR

富士フイルムのデジタルX線画像診断システム「FCR」シリーズは、先進の画像処理技術を搭載し、高画質・高精細を実現したコンピューテッドラジオグラフィシステムです。

X線画像の検出媒体にスクリーン/フィルムに代わってイメージングプレート(IP)を使用し、IPに蓄積されたX線画像情報をデジタル化します。
デジタル化によって、常に安定した画質の画像を提供することが可能となり、部位・目的に応じた画像処理効果により診断精度の向上が図れます。
   (富士フイルムメディカルFCR HPより)


fcr1

富士フイルムメディカルFCR




○ORCAとの連携 日本光電PrimePartner

PrimePartnerは、検査データなどをクラウドサーバに保存し、どこででも参照できるサービスです。
バラバラになりがちなさまざまなデータを、患者さんごとに一元管理します。

fcr1

生理検査データ、外注検査も含む検体検査データ、画像検査データなどを、患者さんごとに一元管理できます。
(日本光電PrimePartner HPより)

日本光電PrimePartner


利用について

Orcacloudは<新規登録>から、お客様の必要最小限の情報を入力を送信いただければ、ORCAを使用するための情報が送られます。
その情報を使用してORCAがすぐに使えます。リモートによる操作代行、ヘルプチャット、電話サポートもついてございますのでスタートも安心です。


環境について

一般的なWindows、Macのいずれかをご用意いただければOKです。
クライアントのマシンには一定のスペック、バージョンが必要でございます。試用期間内に動作確認が可能です。


料金について

¥0初期導入コストは0円です。
最初の1ヶ月は無料、2ヶ月目からは最低3,240円の月額料をお支払いいただいております。
規模に応じて月額利用料が設定されているので安心してご利用出来ます。
支払いは、金融機関口座引落、クレジットカードのお支払いが可能で、当月の使用料を前月末日までにお支払いいただく前払いとなっております。
<料金・サービス>について


各種サポートについて

OrcacloudはITインフラを提供するだけではありません。

操作代行や医療事務の初心者の方の補助まで、手厚いサポートも特色です。

OCハンズオン

医療事務に関する各種アウトソーシングサービスです。
OrcacloudはITインフラを提供するだけではありません。

詳しくはこちら


VPN接続オプション

有料ユーザで、あるいは電子カルテなどの周辺システムとの連携のために必要な場合、VPN接続もご用意しています。

■VPNとは

VPNとは、インターネット上で仮想的にプライベートネットワークを作る技術です。
暗号化通信上に閉ざされたネットワークエリアを作ります。
エリア内にある端末、サーバはあたかもイントラネット内のように振る舞います。
VPN構築にはルータといった専用ハードを使用する方法と、ソフトウェアを使用する方法がありますが、OrcacloudではSoftEther、OpenVPNという専用ソフトを導入していただき、お持ちの端末をVPNに参加させます。

疎通するまでOrcacloudが責任を持ってサポートしますのでご安心ください。


ソーソークラウドサービス利用契約について

利用契約についてはこちらをご覧ください。

GLASSOCAPI

Orcacloudと連携してサービスしたい企業様向けの「GLASSOCAPI」についてはこちらをご覧ください。



※「OpenDolphin」は、ライフサイエンス コンピューティング株式会社の登録商標です。
「GlassDolphin」はGNU General Public License, version 2 (GPLv2)に基づくオープンソースソフトウェア です。