Orcacloudトップダウンロード

■ダウンロード
※全アプリ共通 以下のようにWindowsスクリーンが出る場合は、[詳細情報]をクリックし、発行元はSoSO,K K. Corporation(コード認証済みです)であることを確認して[実行]してください。
GlassOrcaインストール GlassOrcaインストール


レセプトソフト 「GlassOrca」 レセプトソフト本体です。登録ユーザ、あるいは無登録で試用したい方も、以下からアプリケーションを実行することができます。


2019-12-03 更新しました。新たなバージョンを使用するには下記から再度ダウンロード+解凍して使用して下さい。

WindowsにZIPファイルを解凍(展開)してEXEを実行する方法、JARファイルをダウンロードして実行する方法があります。

  • GO小アイコン [ZIP] GlassOrca (解凍版)[monsiaj/glclient]・・・Windows向けのZIP解凍版です。ダウンロードしたzipファイルを解凍(展開)して使用して下さい。

    • ※解凍して登場するフォルダ下のglassorca.exeを実行して下さい。
    • ※Nortonなどセキュリティソフトによっては、解凍したフォルダ下のexeファイルを強制削除する場合があります。 その場合は一時的にセキュリティソフト機能をオフにするなどして下さい。
      zip版説明ウィンドウ zip版説明ウィンドウ
    • glassorca.exeを右クリックして、タスクバーやスタートメニューにランチャーアイコンを作ることも可能です。
      zip版説明スタート追加
  • GO小アイコン[JAR] GlassOrca(JARダウンロード版)・・・ダウンロードしたファイルglassorca.jarをダブルクリックして下さい。Windows 、Mac、Linuxで動きます。(Javaがあらかじめ端末に入っていることが必要です)
    Javaがインストールされていない場合は以下からインストールが可能です。 Java環境 MacOS用(AdoptOpenJDK)    Java環境 Windows用(AdoptOpenJDK)

    ※Windows 7など古いマシンをご使用している場合、Java の古いバージョンしかインストールおよび稼働出来ない場合があります。 その場合は、特別に古いJavaでも動く以下をご利用下さい。
    GO小アイコン[JAR] GlassOrca for Java8(JARダウンロード版)




電子カルテ 「GlassDolphin」 標準提供している電子カルテです。登録ユーザ、あるいは無登録で試用したい方も、以下からアプリケーションを実行することができます。

2020-09-18 3.0.4リリース
2020-05-22 用法の一覧の昇順化、スタンプボックスの問題を解消するなどのユーティリティ向上、パッチ対応した3.0.3リリース
2020-04-06 一部の環境でPDF・画像ファイルのセッションが切れる現象を解決した3.0.1リリース
2020-01-06 [JAR]更新しました。MacOS Catalinaで動作しない現象に対応しました。


WindowsにZIPファイルを解凍(展開)してEXEを実行する方法、JARファイルをダウンロードして実行する方法があります。新たなバージョンを使用するには下記から再度ダウンロード+解凍して使用して下さい

画像、PDFファイルをクラウドで保存することが可能です。
ファイル1枚上限容量5MBまで、全体で5GB(5MBファイル1000個分)まで無料で利用可能です。
5GB以上の使用から有料となります。5GB以上から5GB増えることに使用料300円(税抜) 例)5GB以上10GBまで330円 10GB以上15GBまで660円・・・
  • GDアイコン [ZIP] GlassDolphin 3.0.4(解凍版)・・・Windows向けのZIP解凍版です。ダウンロードしたzipファイルを解凍(展開)して使用して下さい。

    • ※解凍して登場するフォルダ下のglassdolphin.exeを実行して下さい。glassdolphin.exeを右クリックして、タスクバーやスタートメニューにランチャーアイコンを作ることも可能です。
    • ※Nortonなどセキュリティソフトによっては、解凍したフォルダ下のexeファイルを強制削除する場合があります。
      その場合は一時的にセキュリティソフト機能をオフにするなどして下さい。
      zip版説明ウィンドウ zip版説明スタート追加
  • GDアイコン[JAR] GlassDolphin 3.0.4(JARダウンロード版)・・・ダウンロードしたファイルglassdolphin.jarをダブルクリックして下さい。Windows 、Mac、Linuxで動きます。(Javaがあらかじめ端末に入っていることが必要です)

    Javaがインストールされていない場合は以下からインストールが可能です。 Java環境 MacOS用(AdoptOpenJDK)    Java環境 Windows用(AdoptOpenJDK)


  • PDF・画像をクラウド保存出来る -3.0.0から


  • GlassDolphinをサンプルユーザとして一時的に使用するには、以下の情報でログインして下さい。
    書き込みも可能ですが、公開されたサンプルですので実データはお控え下さい。

          サーバ:https://www.linuxmania.jp/testgd/
          ユーザ:sample
    パスワード:samplesoso



介護給付請求業務ソフト 「GlassQkan L」
GlassQkan L は医療機関でみなし介護保険対象行為となる居宅療養管理指導に特化したアプリケーションです。

週単位または月単位の簡単な入力作業のみで、実績管理、居宅療養管理指導、給付費明細書、請求書作成、国保中央会「介護伝送ソフト」用のCSVファイル出力が出来ます。

2020-07-27 各帳票の新フォーマット対応・改修、一部機能のパフォーマンスなど機能向上した9.3をリリースしました。新バージョンを使用するには再度ダウンロード+解凍(展開)して使用して下さい。

医療保険GlassOrca側とシームレスにデータベース連携しており、患者情報の取り込みが簡単にできます。
GlassQkanで必要な、DBファイルの指定やPDFビューワの指定などがGlassQkan Lでは必要無くなりました。
モバカルネットなど一部の周辺アプリの連携機能で必要なFDBファイルエクスポートサービスをスタートしました。

  • GlassQkan Lはアプリケーション単独では動作しないクラウドサービスです。あらかじめOrcacloudが提供するサーバが必要です。使用の準備が整いましたら個別にご連絡します。

  • GQアイコン [ZIP] GlassQkan L (解凍版)・・・Windows向けのダウンロード版です。ダウンロードしたzipファイルを解凍(展開)して使用して下さい。

    • ※解凍して登場するフォルダ下のglassqkanlite.exeを実行して下さい。
    • ※Nortonなどセキュリティソフトによっては、解凍したフォルダ下のexeファイルを強制削除する場合があります。
      その場合は一時的にセキュリティソフト機能をオフにするなどして下さい。
      glassqkanlite.exeを右クリックして、タスクバーやスタートメニューにランチャーアイコンを作ることも可能です。
      zip版説明ウィンドウ1zip版説明スタート追加
    • GlassQkan L
    • 給付管理/介護給付請求 CSVファイルビューアの起動
    • 上記ダウンロード・解凍した同フォルダ内glassq-csvviewer.exeを実行することで「給付管理/介護給付請求 CSVファイルビューア」を起動できます。

      CSVファイルビューア起動画面

      「開く」ボタンからCSVファイルを指定してください。
      CSVファイルビューア起動画面



介護給付請求業務ソフト 「GlassQkan」
GlassQkanは「給付管理/介護給付請求支援ソフト」です。
訪問・通所、短期入所サービスなどの請求に対応し、国保中央会「介護伝送ソフト」用のCSVファイルを出力します。 週単位または月単位の簡単な入力作業のみで、サービス利用票・提供票、給付管理票、給付費明細書・請求書および、訪問看護計画書・報告書、居宅療養管理指導書などが作成できます。 レセプトソフトからの患者基本情報を取り込むことが可能です。

  • 登録ユーザ、あるいは無登録で試用したい方も、以下からアプリケーションを実行することができます。
  • GQアイコン [ZIP] GlassQkan (解凍版)・・・Windows向けのダウンロード版です。ダウンロードしたzipファイルを解凍(展開)して使用して下さい。

    • ※解凍して登場するフォルダ下のglassqkan.exeを実行して下さい。
      ※2019年10月に介護給付改定がありました。継続して以前からお使いの方は、「update.exe」を実行することで改定単位数に対応しますので、実行して下さい。
    • ※Nortonなどセキュリティソフトによっては、解凍したフォルダ下のexeファイルを強制削除する場合があります。
      その場合は一時的にセキュリティソフト機能をオフにするなどして下さい。
      zip版説明ウィンドウ1
    • ※Firebirdというソフトウェアが予め必要です。まだインストールされていない場合は、解凍したフォルダにある「firebirdinstaller」というフォルダの下にあるファイルを実行して下さい。居宅療養管理指導に特化した「GlassQkan L」にはFirebirdは必要ありません。
      zip版説明ウィンドウ2
    • ※起動直後は以下のようにDBエラーが発生します。最初の使用には、設定変更画面を開いて、解凍したフォルダ下のファイル
       glqk/glassqkanlib/data/QKAN.FDB
      を指定して下さい。
    • zip版説明ウィンドウ1
    • zip版説明ウィンドウ1
    • ※すでにお使いの給管鳥からGlassQkanへ移行する手順
    • 上記のように、そのまま起動するとデータは初期状態になりますので、設定管理画面から、現在お使いの給管鳥が使用しているQKAN.FDBファイルを指定して下さい。
      FDBという拡張子のファイルにデータが入っていますので、これを指定するとデータ移行が完了します。
    • このデータファイルは、通常は給管鳥をインストールした端末の以下のパスにあるはずです。

       C:/qkan80/data/QKAN.FDB

    • glassqkan.exeを右クリックして、タスクバーやスタートメニューにランチャーアイコンを作ることも可能です。
      zip版説明スタート追加

    • 給付管理/介護給付請求 CSVファイルビューアの起動 上記「GlassQkan L」と同じですのでご覧ください。