GLASSOCAPI グラスオカピ

Orcacloudと連携してサービスを考えている企業のみなさま
Orcacloudと連携してサービスを考えている企業向けに、APIサービス「GLASSOCAPI」を用意しております。
GLASSOCAPIは、CLAIM機能VPN機能日医標準レセプトソフトAPI機能独自拡張API機能を持っています。

GLASSOCAPIの特長 ・レセプト部分はOrcacloudに任せて電子カルテなど御社のアプリケーション、システム、サービスに注力が出来る。
・Orcacloudがあることをエンドユーザに意識せずにサービス展開することも可能。
・Webサービス、XML形式で提供されるので連携仕様が分かりやすく開発し易い。


CLAIM機能

CLAIMは、専門ポートを用意し、御社システム・アプリケーションとORCAがXMLデータの送受信が出来るインタフェースです。


VPN機能

VPN機能を提供します。Orcacloudが提供するVPNにサーバ、端末を参加させれば幅広いシステム連携が可能です。

Ubuntu向け SoftEther サーバ クライアント

日医標準レセプトソフト API機能

日医標準レセプトソフト API機能は、専門ポートは必要なくHTTPSプロトコルで、電子カルテ等の日レセ連携機器から日レセデータベースを参照・更新するためのインターフェースです。

(https://www.orca.med.or.jp/receipt/tec/api/から抜粋)
日レセAPIは電子カルテ等の日レセ連携機器から日レセデータベースを参照・更新するためのインターフェースです。
日レセAPIはWEB APIとなっており、日レセサーバにHTTPリクエストを送信すると、処理結果をHTTPレスポンスの形で受信することが出来ます。
  日レセAPIのリクエストはミドルウェアを通してAPS=COBOLモジュールで処理されるため、他の日レセクライアント(glclient、monsiaj)が接続中であっても整合性を保持することができます。またCLAIMと同様にリクエストの内容をCOBOLモジュールでチェックすることができるので論理的な信頼性があります。





独自拡張機能

上記とは別に、Orcacloudがサードベンダーの要望などに従い追加したインタフェースです。 APIを利用して、目的に応じて機能を呼び出すことが可能です。
現在の正式リリースは、帳票APIです。

・帳票API ORCA側で生成した印刷物をPDFで受け取るWebサービス。


引き続き機能追加、拡張を行ってまいりますので、ベンダー様のご要望を是非お聞かせ下さい。


料金体系
◆ピボット契約(月額:無料)

エンドユーザ(医療機関)は、御社と契約、弊社Orcacloudとも契約。
その上でOCAPIを使用します。

◆OEM契約(月額:事業所の患者登録人数によって変更するエンドユーザ向けの契約と同等になります。詳細はこちらをご覧ください。)

エンドユーザ(医療機関)は、御社サービスと契約し、Orcacloudとは直接契約しない。
OEMとしてORCAを使用します。
エンドユーザにOrcacloudやORCAの存在を見せないことも可能です。

OCAPIお問い合わせフォーム
印のついた項目は必須です
事業所名
ご担当者名
電話番号
メールアドレス
お問い合わせ内容
 


お問い合わせはメールアドレス customer@orcacloud.jp でも受付ております。