ORCACloudトップOCハンズオン

OCハンズオン

■OCハンズオンサービス一覧

お問い合わせフォーム


設定サービス

ORCACloudではあらゆる設定が、お使いの環境からお客様の手で設定可能です。
しかし、要求に応じて必要な設定を行うのは難しいものです。
この設定を代行させることも可能です。

たとえば、地方公費関連の設定方法、消費税込と消費税抜の会計設定の違い、あらたな独自の点数マスタを登録したい場合、すぐには設定方法がわからず悩んだりします。
こういった通常の設定方法をORCACloudにおまかせすることも可能です。

※設定に関する代行に限ります。たとえば、50人分の患者データの登録作業を委託したいなど、設定作業ではないトランザクションデータの対応はできません。

    ■料金
  •  基本無料

    ■サービス内容
  •  ORCAの代理設定をします。
  •  設定して欲しい内容をORCACloudにご連絡ください。



更新サービス

ORCAのレセプト業務においては、随時、本体プログラム、マスタデータの更新が必要です。
これらの更新作業はORCACloudで行うのでお客様はお気になさらなくて大丈夫です。

    ■料金
  •  無料
  •  お申し込みは不要です。


データインポートサービス

ORCACloud使用開始する際に、既存システムのデータをORCACloudにインポートするサービスです。

    ■移行出来るデータ
  • ・日医レセORCAの全データ
  • ・旧バージョンも4.5までは無料で可能
     (4.5より前のもの、別のレセプトソフトのデータは、応相談・見積もり)
  • ・OpenDolphin


    ■ご準備いただくもの
  • ・既存システムのデーターベースからエクスポートしたデータ

  •  ※エクスポートはお客様に行っていただきます。エクスポート手順のサポートは、お電話・メール・チャットにて可能です。
     ※既存システムにアクセスする際に必要となるパスワード類はお客様にご確認いただく必要があります。
     ※データベースの所在やアクセス情報をお客様がご存知で比較的容易ですと、リモートによる代行が可能な場合もあります。


    ■料金
  •  無料



データエクスポートサービス

ORCACloud使用終了時に、ORCACloudに蓄積していたデータをエクスポートするサービスです。

標準的な形式での、必要な全件ダンプデータとなります。
ORCACloudが作成・指定した独自のデータ形式ではないので、一般事業者もスムーズに取り扱うことが可能です。
(原則、お客様のご要望のデータ形式でお渡しすることは出来ません。)

    ■料金
  •  5,400円(税込)
※OCハンズオンプライム・オンライン請求アシストサービスを契約中の方は無料です。
※Dエクスポート・レギュラー を使用している方はそちらで適用されます。


データエクスポート・レギュラー

「Dエクスポートサービス」はORCACloud利用終了時に1回のみに行われるサービスですが、これは常時お渡しするサービスです。
終了時の「Dエクスポートサービス」も内包されます。

対象データはORCAとGlassDolphin(OpenDolphin)のみになります。
他提携電子カルテをお使いの方は各運営元にお尋ね下さい。

こちらが指定させていただくデータベース標準のダンプ形式となり、形式の変更はお受け付け出来ません。

インポートなど取得したデータを各環境へ反映する作業自体はお客様に行っていただく必要があります。

またデータの受け渡し方法は、こちらの指定する方法でご対応いただくことを前提としています。

    ■料金
  •  月額基本料金の 30%
※OCハンズオンプライム・オンライン請求アシストサービスを契約中の方は無料です。
※お渡し日は平日となります。


レセ電ビューア用DBfileサービス

ORCACloud有料化時にレセ電ビューア用DBfileを無料でお渡しします。

お渡しするDBfileご利用でレセ電ビューア使用時に、診察内容・傷病名などコード表示となっていたものが、日本語での表記となります。

■DBfile利用前

DBfile利用前

■DBfile利用後

DBfile利用後



お使いのレセ電ビューアのDB設定で、お送りしたDBfileを選択するだけの簡単操作でお使いいただけます。
レセ電ビューアのDB設定は下記ガイドをご参考ください。
ガイド:レセ電ビューアの使い方

    ■料金
  •  無料
  •  お申し込みは不要です。
  •  管理画面からダウンロードしてご利用ください。

※試用期間中のユーザ様は、管理画面上にダウンロードリンクはございますが、実際のDBfileのダウンロードが可能になるのは有料後となります。

ファイルではなく、オンラインでこの処理を行う場合は、連携ポートオプションが必要となります。

医療機関IDサービス

ORCA業務に使用出来る識別番号を、お客様に代わり申請・取得するサービスです。
その後のIDの管理・運用もお客様に代わりさせていただきます。
医療機関IDの申請はORCAを使うに当たって、最初に必要となる作業です。

    ■料金
  •  3年ごと 5,400円(税込)

    ■サービス内容
  •  医療機関IDの連絡申請、ID管理をします。

医療機関IDは日本医師会が各医療機関に対して発行するORCAプロジェクトにおける識別番号です。日医標準レセプトソフトに設定して利用してください。
※ 保険請求の医療機関コードとは異なります。

・医療機関IDを取得、基本情報に設定を行っていないと、マスタ更新を行っても「ライセンスマスタ」の更新は行われません。
前回処理分提供サーバに接続できませんでした
・ライセンスマスタには、併用禁忌チェックを行う「相互作用」マスタが含まれるため、医療機関IDを取得していないと、併用禁忌のチェック等を行う事ができません。

医療機関IDの取得を行わなくてもORCAの使用は可能ですが、IDの取得を推奨します。



オンライン請求アシストサービス

レセプト請求業務を始めるに当たり、各機関への書類確認、申請業務をアシストします。

写真
    基本料金 ORCACloud使用プランと同額プラス
  •  毎月 L1 3,240円(税込)から
  •  3ヶ月ごとの更新となります。


    ■サービス内容 1
  •  オンライン請求開通までの各手続きをアシストします。
  •  開通までの技術的なサポートをします。
  •  電子証明書の手続き・管理のサポートをします。
  •  サポートは、IPSECではなくIP-PVN方式に限らせていただきます。

    ■サービス内容 2
  •  毎月初にオンライン請求ファイル作成をアシストします。
  •  操作、作成方法が分からない場合はこちらで作成することも可能です。
  •  返戻対応、月遅れ請求を行いたい場合こちらでサポートの上、作成も行います。

    ■サービス内容 3
  •  新規個別指導に必要なシステム管理規定の作成のサポートをいたします。

    ■付加サービス
  •  医療機関IDサービス、Dエクスポート、Dエクスポート・レギュラーが無料になります。


<注意事項>

レセプトデータの内容は、お客様で必ず確認してください。
内容をご確認後、DVDなどのメディアに焼いて支払基金へお送りいただくか、オンライン請求してください。

※レセプト請求そのものの代行は法律上行えず、主体はあくまでお客様となります。
間違った請求内容についての責任はお客様となりますことをご了承ください。


OCビジット

インターネット設定、オンライン請求のためのネットワーク構築などPC、ネットワークに関する技術的サポートを現地で行うサービスです。

※医療事務やORCAの操作方法などのサポートは、メール・電話・ヘルプチャット・リモート操作で原則対応いたします。

    ■料金
  • ・1回3万円
  • (交通費を含みます)

    ■サービス内容
  •  PC、ネットワークなどに関する技術的サポートを現地で行います。


<注意事項>
このサービスは、首都圏(東京から日帰り可能な距離)で電車・バス、徒歩での到着が可能な地域のみが対象です。
場所や内容によってはお断りさせていただく場合もございます。


オンライン請求スタート

新しくクリニックを開院される場合、事前にレセプトの提出方法の申し出が必要となります。
その際の書類手続のサポートを行うサービスです。
オンライン請求を行う場合、請求開始となるまでに期間がかかりますので、ご要望の場合はお早めに申し付けください。

    ■料金
  •  無料

    ■サービス内容
  •  オンライン請求に関する書類の手続きをサポートします。
  •  ※現地出張は含まれていません。


新規個別指導支援

新しくクリニックを開院後、半年から1年経過すると新規個別指導が行われます。
新規個別指導時には、様々な書類作成が必要となります。

ORCACloudでは、新規個別指導時に必要な書類の作成の支援も行います。

    ■料金
  •  無料

    ■サービス内容
  •  新規個別指導において各回答、書類作成のご支援をします。
  •  ※現地出張は含まれていません。


オンプレリバース

LM ORCAモデル 取り巻く環境の変化で、クラウドをオンプレミス(自施設内でサーバ、端末を設置して使用するシステム)化したい場合が出てくるかもしれません。
ORCACloudでは、そんな場合にも万全のご対応を用意してますのでご安心ください。

ORCACloudのクラウドサービスからオンプレミスのシステムへの移行を全部お任せできます。
「Linuxmania オルカモデル」など、弊社が販売するLinuxmania製品である事が必要です。

    ■料金
  • ・Linuxmania製品代
  • (オルカモデルの場合、7-8万円程度。
  •  ディスプレイの追加、RAID構成等の
  •  組合せ次第では10-12万円程度)

  • ・データ移行代金
  •  作業代として、10,800円(税込)

  • ・月額使用料
  •  0円 オンプレになると月額の保守代金は掛からなくなります。

<注意事項>
移行ハードをLinuxmania製品限定とさせていただいておりますが、Linuxmania製品である必要があるのはサーバのみです。
その他のクライアント端末は、他社製品、現在お使いのマシンでも構いません。

このサービスの対象となるのは、標準のORCAとOpenDolphinとなります。
他電子カルテ、周辺アプリについては、オンプレ移行が可能か該当社とお客様で別途お見積り・ご対応いただく必要があります。

なお、Linuxmania製品からORCACloudへデータ移行をしたい場合は、通常のORCACloudサービスの開始となります。
データインポートサービスは、有料ユーザ様に標準で無料提供しております。



お申し込み


※OCハンズオンの料金はORCACloud基本料金と合わせて月毎にご請求させていただきます。


ORCACloudカスタマセンター担当にご連絡いただくか、管理画面からお申し込みください。
お申し込みはORCACloud有料ユーザのみとなっております。
ORCACloud有料ユーザ以外の方でOCハンズオンについてお問い合わせのある方はお問合わせフォームまで