Orcacloudトップガイド一覧ORCAの使い方(運用編)

■ ORCAの使い方 - 運用編(Ubuntu14.04 LTS 日レセ4.8.0)


ここではバックアップ/リストア(復元)など、オルカモデルの運用に関する手順について紹介します。



日レセのロゴ日レセ:バックアップ手順

日レセのバックアップ手順を説明します。
バックアップ/リストアの方法は2通り存在します。それぞれメリット/デメリットがございますので、どちらか運用に合った方法を選択してください。

方法1)pg_restoreのケース
psqlによる手順よりもバックアップファイルが小さくなり、短い時間でリストア出来る可能性があります。
しかし、バックアップファイルはバイナリデータのため、中身を確認することはできません。

方法2) psqlのケース
バックアップファイルがプレーンテキストのため、データの中身を確認しやすくエラー時の対応も取りやすいメリットがあります。
しかし、その反面バックアップファイルの容量は大きくなります。リストアに掛かる時間もpq_resotreよりかかる可能性があります。


1.端末の起動
画面左端のランチャーから[端末]のアイコンをクリックして起動します。

2.日レセの停止
日レセを停止します。
(日レセ稼働中にバックアップを行う事も可能ですが、バックアップ取得時にデータが更新されることは避けたいため、停止することをお勧めいたします。)
端末で以下のコマンドを実行します。
$ sudo /etc/init.d/jma-receipt stop

ubuntuユーザのパスワードを求められるので入力します。
[sudo] password for ubuntu : ubuntuユーザのパスワード

3.バックアップ取得
端末で以下のコマンドを実行します。(※どちらか一方のみ実行します)

○pg_restoreのケース
$ sudo -u orca pg_dump -Fc orca > バックアップファイル名 (例:orca.dump)

○psqlでリストアのケース
$ sudo -u orca pg_dump -O orca > バックアップファイル名 (例:orca.dump)

出力されたバックアップファイルは、外部記憶媒体等に保存しましょう。

4.日レセの起動
端末で以下のコマンドを実行します。
$ sudo /etc/init.d/jma-receipt start


以上で、完了です。


日レセのロゴ日レセ:リストア手順

バックアップファイルを基に、リストア(データの復元)する手順を説明します。

【ご注意】
リストア実施後のデータは、バックアップファイル取得時点の状態に戻ります。(リストア実施前のデータは全て削除されます。)
リストア実施前のデータについても、バックアップすることをお勧めします。

1.端末の起動
画面左端のランチャーから[端末]のアイコンをクリックして起動します。

2.アプリケーションの停止
リストア対象の日レセデータベースに接続している全てのアプリケーションを停止します。(医見書、給管鳥、特定健診など)
日レセを停止します。端末で以下のコマンドを実行します。
$ sudo /etc/init.d/jma-receipt stop

ubuntuユーザのパスワードを求められるので入力します。
[sudo] password for ubuntu : ubuntuユーザのパスワード	

3.旧データベースの削除
端末で以下のコマンドを実行します。
sudo -u orca dropdb orca

4.新データベースの作成
※データベースのエンコーディングは環境・用途に合わせて指定してください。
sudo -u orca createdb -lC -Ttemplate0 -EEUC-JP orca

5.リストア実行
端末で以下のコマンドを実行します。(※どちらか一方のみ実行します)

○pg_restoreでリストアするケース
$ sudo -u orca pg_restore -O -d orca バックアップファイル名 (例:orca.dump)

○psqlでリストアするケース
$ sudo -u orca psql orca < バックアップファイル名 (例:orca.dump)

このときエラーとなって終了していないかご確認ください。

6.アプリケーションの起動
必要に応じてアプリケーション(医見書、給管鳥、特定健診など)を起動します。
日レセを起動します。端末で以下のコマンドを実行します。
$ sudo /etc/init.d/jma-receipt start


以上で、完了です。


日レセのロゴ日レセ:プログラムの更新手順

日レセのプログラム更新手順を説明します。(※インターネットに接続している必要があります。)
プログラム更新前に、バックアップを取得しておく事をお勧めします。

1.日レセクライアントの起動

画面左端のランチャーから[glclient2]をクリックして起動します。
ORCAの使い方 - 設定編:オルカ 各アプリケーションの起動方法を参照)

2.更新情報のチェック
[03 プログラムの更新] →[チェック]を選択します。
日レセ:プログラムの更新01

更新情報のチェックは少々時間がかかります。
画面下部に処理状態が表示されます。

【処理中の表示】
日レセ:プログラムの更新02

【処理が正常終了した場合】
日レセ:プログラムの更新03

更新チェック後、プログラムが最新の状態でない場合は3.へ進みます。
最新の状態ではない場合、処理状態に「未処理」と表示されます。

【最新ではない】
日レセ:プログラムの更新04

【最新状態】
日レセ:プログラムの更新05

3.プログラムの更新
[更新]を選択し、表示されたポップアップで[OK]を選択します。
日レセ:プログラムの更新06

更新完了まで少々時間がかかります。
更新チェックの時と同様に、[状況]を選択することで処理状態を表示する事ができます。


以上で、完了です。



日レセのロゴ日レセ:マスタの更新手順

マスタデータ(点数情報、薬価情報等)の更新手順を説明します。(※インターネットに接続している必要があります。)
マスタ更新前にバックアップを取得しておく事をお勧めします。

1.日レセの起動

画面左端のランチャーから[glclient2]をクリックして起動します。
ORCAの使い方 - 設定編:オルカ 各アプリケーションの起動方法を参照)

2.更新情報のチェック
[01 医事業務] →[92 マスタ更新]を選択します。
日レセ:マスタの更新01

更新チェック後、プログラムが最新の状態でない場合は3.へ進みます。
レコードver(自)とレコードver(ORCA)を比較し、相違がある場合は更新が必要です。
日レセ:マスタの更新02

3.マスタの更新
[更新]を選択し、表示されたポップアップで[OK]を選択します。
日レセ:マスタの更新03

更新完了まで少々時間がかかります。処理状態は画面下部に表示されます。
日レセ:マスタの更新04


◯ライセンスマスタの更新に失敗する場合
ライセンスマスタの更新には、正式な医療機関IDをに日レセに設定する必要がございます。
医療機関IDの設定方法についてはこちら、医療機関 IDについては こちらをご参照願います。


以上で、完了です。



医見書のロゴ医見書:バックアップ手順

1.医見書を起動
[Dashホーム]から[医見書]をクリックして起動します。
ORCAの使い方 - 設定編:オルカ 各アプリケーションの起動方法を参照)

2.バックアップ
[その他の機能] →[データの退避(バックアップ)]を選択します。
医見書:バックアップ01

保存場所を選択します。
医見書:バックアップ02

[OK]を選択し、バックアップを開始します。
医見書:バックアップ03



以上で、完了です。



医見書のロゴ医見書:リストア手順

1.医見書を起動
[Dashホーム]から[医見書]をクリックして起動します。
ORCAの使い方 - 設定編:オルカ 各アプリケーションの起動方法を参照)

2.リストア
[その他の機能] →[データの復元(リストア)]を選択します。
医見書:リストア01

バックアップデータを選択します。
医見書:リストア02

[OK]を選択し、現在のデータをバックアップします。
医見書:リストア03
※現在のデータは"ikenold.fdb"というファイル名で、バックアップデータと同一のディレクトリ内に保存されます。

[OK]を選択し、リストアを開始します。
医見書:リストア04


以上で、完了です。


医見書のロゴ医見書:アップデート手順
医見書のアップデート手順を紹介します。
なお、アップデート作業はオンラインで行うため、外部ネットワークと接続している必要がございます。
アップデートを行う前に医見書のバックアップを行うことをお勧めします。

1.アップデートツールの起動
[Dashホーム]から[医見書アップデート]をクリックして起動します。
ORCAの使い方 - 設定編:オルカ 各アプリケーションの起動方法を参照)

医見書:アップデート01 2.アップデート開始
[アップデート実行]を選択し、アップデートを開始します。

アップデート完了後、[終了]を選択しアップデートツールを終了します。

3.バージョンの確認
医見書を起動します。(※)

[Dashホーム]から[医見書]を起動します。
ORCAの使い方 - 設定編:オルカ 各アプリケーションの起動方法を参照)

画面左下を確認し[システムversion]が更新されていることを確認します。
医見書:アップデート02

※アップデート後の初回起動時はマスタの更新処理が実行されるため、起動までに少々時間がかかります。


以上で、完了です。


給管鳥のロゴ給管鳥:バックアップ手順

1.給管鳥を起動
[Dashホーム]から[給管鳥][給管鳥]をクリックして起動します。
ORCAの使い方 - 設定編:オルカ 各アプリケーションの起動方法を参照)

2.バックアップ
[その他の機能] →[設定変更・メンテナンス] →[データの退避]を選択します。
給管鳥:バックアップ01

保存場所を選択します。
給管鳥:バックアップ02

[OK]を選択し、バックアップを開始します。
給管鳥:バックアップ03


以上で、完了です。



給管鳥のロゴ給管鳥:リストア手順

1.給管鳥を起動
[Dashホーム]から[給管鳥]を起動します。
ORCAの使い方 - 設定編:オルカ 各アプリケーションの起動方法を参照)

2.リストア
[その他の機能] →[設定変更・メンテナンス] →[データの復元]を選択します。
給管鳥:リストア01

バックアップデータを選択します。
給管鳥:リストア02

[OK]を選択し、現在のデータをバックアップします。
給管鳥:リストア03
※現在のデータは"QKANOLD.fdb"、あるいは"QKANOLD.FDB"というファイル名で保存されます。保存場所は、
   /usr/loca/orca/qkan6/data/
になります。

[OK]を選択し、リストアを開始します。
給管鳥:リストア04


以上で、完了です。

給管鳥のロゴ給管鳥:アップデート手順
給管鳥のアップデート手順を紹介します。
なお、アップデート作業はオンラインで行うため、外部ネットワークと接続している必要がございます。
アップデートを行う前に給管鳥のバックアップを行うことをお勧めします。

1.アップデートツールの起動
[Dashホーム]から[給管鳥 アップデート]を起動します。
ORCAの使い方 - 設定編:オルカ 各アプリケーションの起動方法を参照)

2.アップデート開始
[アップデート実行]を選択し、アップデートを開始します。
給管鳥:アップデート01

"アップデート処理は長時間にわたる場合があります。…"というポップアップが表示されますが、[はい]を選択します。
給管鳥:アップデート02

アップデート完了後、[終了]を選択しアップデートツールを終了します。

3.バージョンの確認
給管鳥を起動します。(※)


[Dashホーム]から[給管鳥]を起動します。
ORCAの使い方 - 設定編:オルカ 各アプリケーションの起動方法を参照)

画面左上または、中央の環境情報を確認し[システムversion]が更新されていることを確認します。
給管鳥:アップデート03

※アップデート後の初回起動時はマスタの更新処理が実行されるため、起動までに少々時間がかかります。


以上で、完了です。


特定健診のロゴ特定健診:システムDBのバックアップ&復元手順

1.特定検診 管理者用を起動
[Dashホーム]から[特定検診 管理者用]を起動します。
ORCAの使い方 - 設定編:オルカ 各アプリケーションの起動方法を参照)

2.バックアップ
ログイン後、[3.バックアップ&復元] →[バックアップ]を選択します。
特定健診:バックアップ01

[はい]を選択し、バックアップを開始します。
特定健診:バックアップ02

以上で、完了です。



特定健診のロゴ特定健診:システムDBのリストア手順

1.特定検診 管理者用を起動
[Dashホーム]から[特定検診 管理者用]を起動します。
ORCAの使い方 - 設定編:オルカ 各アプリケーションの起動方法を参照)

2.リストア
ログイン後、[3.バックアップ&復元] →[復元]を選択します。
特定健診:復元01

[はい]を選択し、現在のデータをバックアップします。
特定健診:復元02

[はい]を選択し、リストアを開始します。
特定健診:復元03

以上で、完了です。


特定健診のロゴ特定健診:機関DBのバックアップ手順

1.特定健診を起動
[Dashホーム]から[特定健診 健診]]を起動します。
ORCAの使い方 - 設定編:オルカ 各アプリケーションの起動方法を参照)

2.バックアップ
バックアップ対象の機関にログイン後、[7.システムメンテナンス] →[7-3.バックアップ&復元] →[バックアップ]を選択します。
特定健診:機関DBバックアップ01

[はい]を選択し、バックアップを開始します。
特定健診:機関DBバックアップ01

以上で、完了です。


特定健診のロゴ特定健診:機関DBのリストア手順

1.特定健診 健診を起動
[Dashホーム]から[特定健診 健診]を起動します。
ORCAの使い方 - 設定編:オルカ 各アプリケーションの起動方法を参照)

2.リストア
バックアップ対象の機関にログイン後、[7.システムメンテナンス] →[7-3.バックアップ&復元] →[復元]を選択します。
特定健診:機関DBリストア01

[はい]を選択し、現在のデータをバックアップします。
特定健診:機関DBリストア02

[はい]を選択し、リストアを開始します。
特定健診:機関DBリストア03

以上で、完了です。

特定健診のロゴ特定健診:アップデート手順
特定健診のアップデート手順を紹介します。
なお、アップデート作業はオンラインで行うため、外部ネットワークと接続している必要がございます。
アップデートを行う前にシステムDB機関DBのバックアップを行うことをお勧めします。

1.アップデートツールの起動
[Dashホーム]から[特定健診 アップデート]を起動します。
ORCAの使い方 - 設定編:オルカ 各アプリケーションの起動方法を参照)

2.アップデート開始
[アップデート実行]を選択し、アップデートを開始します。
特定健診:アップデート01

"アップデートソフトウェア実施前にバックアップを行う事を推奨します。…"というポップアップが表示されます。
バックアップを行う場合は、いったんアップデートを終了してバックアップを行ってください。
システムDBバックアップ  機関DBバックアップ

アップデートを進めてよろしければ、[はい]を選択します。
特定健診:アップデート02

アップデート完了後、[終了]を選択しアップデートツールを終了します。

2-1.application.propertiesの修正
ver2.0.0未満のバージョンからver2.0.0以降へオンラインアップデートを適用した場合は、application.propertiesの内容を書き換える必要があります。
application.properties を gedit で開きます。
$ gedit /usr/local/orca/NITTOKU/application.properties

application.propertiesの内容(5行目)を下記のように書き換えます。
setting.lookAndFeel=com.jgoodies.looks.windows.WindowsLookAndFeel
   ↓
setting.lookAndFeel=javax.swing.plaf.metal.MetalLookAndFeel

3.バージョンの確認
特定健診 管理者用を起動します。(※)

[Dashホーム]から[特定検診 管理者用]を起動します。
ORCAの使い方 - 設定編:オルカ 各アプリケーションの起動方法を参照)

ログイン後、[バージョン]を選択し、[MainVersion]が更新されていることを確認します。
特定健診:アップデート03

※アップデート後の初回起動時はマスタの更新処理が実行されるため、起動までに少々時間がかかります。


以上で、完了です。

■オルカモデルORCAをサーバとクライアントで分けて使う方法


ここではオルカモデルをサーバマシンとして使用する方法を、Ubuntu端末のORCAのgclientから接続する方法と、Java Web Startを使ってWindowsなどの端末からリモート先のサーバを接続する方法をご紹介します。


オルカモデルをサーバマシンとして使う

オルカモデルをサーバマシンとして使用し、別マシン(別OS)から利用する方法をご説明します。別マシンからオルカモデルへ接続を行うためには、glclientを使うか、ORCAプロジェクトから提供されているmonsiaj(日医標準レセプトソフトクライアント)を使用する方法があります。monsiajとはJava実行環境で動作する日医標準レセプトソフト(以下日レセ)のクライアントです。

サーバマシンとして使用する際のイメージ

[monsiaj動作環境]
動作環境、確認されている環境については公式HPをご確認ください。
monsiaj(日医標準レセプトソフトクライアント)

クライアントとしてリモートで使うには、
・glclientを搭載したubuntu端末で使う方法
・Windows、Macなどでmonsiajを使う方法
があります。
glclientを搭載したubuntu端末で使う方法の方は、1から3を飛ばして4からの手順となります。


[monsiaj使用手順]
1.java実行環境の確認
まず、javaの実行環境が整っているかご確認ください。
ご使用のマシンにjava実行環境が導入されているかは、以下のサイトから確認することができます。
https://www.java.com/ja/download/installed.jsp?detect=jre&try=1

導入されていない場合は、以下のサイトから導入を行います。
https://www.java.com/

2.monsiajのダウンロード
以下のサイトからmonsiajの最新版をダウンロードします。
monsiaj(Java版日医標準レセプトソフトクライアント)

ダウンロードは赤枠部分のリンクから行います。
monsiajのダウンロード


3.monsiaj実行
ダウンロードファイルを解凍し、jmareceipt.jar またはpandaclient.jarをダブルクリックし起動します。
ダブルクリックしても起動しない場合は、以下のコマンドで起動します。
 java -jar 解凍したフォルダのパス/jmareceipt.jar 
※Windowsならコマンドプロンプト、Mac/Linuxならターミナルからコマンドを実行します。

※jmareceipt.jar またはpandaclient.jar との違いは、jmareceipt.jar=専用ランチャーとpandaclient.jar =他のアプリケーションの起動 にも使える汎用のランチャーになります。 ここではjmareceipt.jar を使用して説明します。

4.接続情報の入力
ホスト(ポート)に、オルカモデルのホスト名または IPアドレスを入力します。
ユーザ、パスワードはオルカモデルの日レセのものを入力してください。
monsiaj起動画面

オルカモデルのホスト名、IPアドレスが不明な場合は、オルカモデルにて以下の操作で確認できます。
1. [端末]を起動します。
【Ubuntu 10.04】
アプリケーションメニューから[アクセサリ]→[端末]を選択します。
【Ubuntu 12.04】
画面左端のランチャーから[端末]のアイコンをクリックして起動します。

2.端末で以下のコマンドを実行します。
$ ifconfig
 eth0      Link encap:Ethernet  HWaddr 00:24:1D:12:F5:AE  
           inet addr:192.168.0.181  Bcast:192.168.0.255  Mask:255.255.255.0
             …
             …
 
実行結果の赤字部分がオルカマシンのIPアドレスになります。
上記、IPアドレスを入力しても接続できない場合は、ネットワークの接続/設定を確認して下さい。


5.接続
[実行]ボタンを選択します。
日レセのTOP画面が表示されます。
monsiajからの日レセ操作画面

monsiaj使用時に問題が発生する場合は、下記リンクの「トラブルシューティング」の項目をご確認ください。
monsiaj(日医標準レセプトソフトクライアント):トラブルシューティング


参考サイト

monsiaj(日医標準レセプトソフトクライアント)



[最終更新日 2016/08/26][作成日 2015/09/11]