Orcacloudトップガイド一覧GlassQkan Lの使い方 CSVビューアの使い方

■GlassQkan Lの使い方 - CSVビューアの使い方


ここでは、GlassQkan Lで作成したCSVファイルの中身を、CSVビューアを使用して確認する方法を紹介します。

※CSVファイルの作成は、こちらをご覧ください。

1.GlassQkan Lダウンロード時に展開した「glassqkanlite」ディレクトリ配下にある「glassq-csvviewer.exe」をダブルクリックし起動します。

glassq-csvviewer.exeを起動

2.CSVファイルビューアが起動します。

CSVファイルビューア

3.[開く]ボタンを押下します。

[開く]ボタン

4.確認を行いたいCSVファイルを選択し[開く]ボタンを押下します。

CSVファイルを選択し[開く]ボタンを押下

5.内容が表示されます。

内容が表示

CSVビューアの使い方は以上です。


[最終更新日 2021/06/24][作成日 2017/09/22]