Orcacloudトップガイド一覧給管鳥の基本情報設定方法

■給管鳥の使い方 - 給管鳥の基本情報設定方法


ここでは、給管鳥を使用する際に必要となる設定について紹介します。
※給管鳥とORCAを連携して使用するには、Orcacloudカスタマセンターへの申請が必要です。給管鳥単独でお使いになる場合は必要ございません。
※給管鳥の使用にはFirebird2.0が必要です。


  • 1)自事業所登録・・ORCAなど既存のOrcacloudのサービスとは別に登録が必要となります。
  • 2)保険者登録
  • 3)利用者登録・・・ORCAとの連携使用の申請を行なった場合、ORCAの患者情報を取り込むことが可能です。

1)自事業所登録


※給管鳥は自事業所の登録が1つ以上ない場合、ログインすることはできません。
給管鳥ログイン画面

1.給管鳥を起動し[事業所登録画面へ]ボタンを押下します。
[事業所登録画面へ]ボタンを押下

2.自事業所の基本情報を入力します。
基本情報入力

3.提供サービスの設定をします。
提供サービスの一覧から、サービスを選択し「提供する」にチェックを入れます。
「提供する」にチェック

選択した項目の詳細を設定し、[反映]ボタンを押下します。
[反映]ボタンを押下

4.全ての提供サービスを設定し終えたら、[登録]ボタンを押下します。
[登録]ボタンを押下

※自事業所の登録が1つのみの場合、給管鳥を起動すると「メインメニュー」が開きます。
「メインメニュー」

※自事業所が複数の場合、ログイン画面から自事業所を選択します。
ログイン画面から自事業所

自事業所登録の設定は以上です。


2)保険者登録


※保険者を登録していない場合、給管鳥では利用者や利用実績の登録が行えません。

1.[保険者登録画面へ]ボタンを押下します。
※[開始]ボタンを押下し、メインメニューから「その他の機能」>「保険者管理」でも作業可能です。
「保険者管理」を選択

2.[新規]ボタンを押下します。
[新規]ボタンを押下

3.保険者情報を入力し[登録]ボタンを押下します。
[登録]ボタン

保険者登録の設定は以上です。


3)利用者登録


1.メインメニューから「その他の機能」>「日医標準レセプトソフト連携」を選択します。
「5001 病棟管理情報」を選択

2.「接続設定」ソーソーから送られた内容を入力し[通信]ボタンを押下します。
[通信]ボタンを押下

3.ORCAに登録されている患者データが表示されます。チェック印を入れた患者のみ[取り込み]ボタン押下で取り込めます。
[取り込み]ボタン押下

4.「給付管理/介護報酬請求支援」>「利用者管理」の一覧に反映されます。
利用者をダブルクリック、あるいは利用者を選択し[詳細]ボタン押下します。
一覧に反映

5.利用者情報詳細が開きます。利用者情報を登録します。
利用者情報詳細

※これから紹介する手順中、[追加]ボタンを押さずに画面上の[更新]ボタンを押下するとこのようなダイアログが表示されます。
 [OK]ボタンを押下すると、入力途中の情報が全て消えてしまいます。
 また、必須項目を全て入力するまで[追加]ボタンを押下しても登録はできません。
情報破棄画面

6.保険者名から保険者を指定します。
被保険者番号の入力、必要に応じて給付率の変更・短期入所利用日数の初期値の指定をします。
保険者名

7.必要であれば、居宅サービス計画作成者を指定します。
※居宅療養管理指導のみの場合は入力不要です。
居宅サービス計画作成者

8.申請区分を指定します。
※介護給付明細書には記載しませんが、システム上の必須項目です。
申請区分

9.要介護度、認定有効期間を指定します。
要介護度、認定有効期間

10.[追加]ボタンを押下します。
[追加]ボタンを押下

確認画面が表示されるので[OK]ボタンを押下します。
[OK]ボタンを押下

11.画面下の一覧に内容が表示されたのを確認し、[更新]ボタンを押下します。
[更新]ボタンを押下

12.対象の利用者情報詳細を開き「異動情報」タブを指定します。
「異動情報」タブを指定

13.異動情報を指定し[追加]ボタンを押下します。
[追加]ボタンを押下

14.一覧に反映されたのを確認し[更新]ボタンを押下します。
[更新]ボタンを押下

15.公費の使用がある場合[公費・社福軽減情報]ボタンを押下します。
[公費・社福軽減情報]ボタン

16.公費の情報を指定し[追加]ボタンを押下します。
[追加]ボタ押下

17.一覧に反映されたのを確認し[登録]ボタンを押下します。
[登録]ボタン押下

利用者登録の設定は以上です。


[作成日 2017/09/11]