Orcacloudトップガイド一覧OrcacloudでWebブラウザを介さずプリンタに直接印刷する方法

■Orcacloudを使うためのクライアント環境の設定 OrcacloudでWebブラウザを介さずプリンタに直接印刷する方法


Orcacloudにおいて、印刷は、Webブラウザの管理ページにてPDFファイルとして表示および管理を行いますが、
「請求書兼領収書」「診療費明細書」「処方せん」「薬剤情報」「お薬手帳」「予約票」を、お使いのプリンタに直接印刷を行うことも可能です。
ここでは、上記項目のクライアント環境での直接印刷を行う設定方法について紹介します。

※この設定を行うと、上記項目はWebブラウザの管理ページにPDFが生成されなくなりますのでご注意ください。 上記項目以外の印刷物は引き続きWebブラウザの管理ページにPDFとして生成されます。

2-2.職員情報修正にある、「個別設定」の中の<印刷管理>のクライアント印刷を「1.する」、クライアント印刷時ダイアログ表示を「1.表示する」にすれば、上記項目以外の機能でWeb管理画面を介さずに印刷することは可能です。


1.プリンタ設定
オルカのログイン画面を開き、「プリンタ設定」のタブを選択します。
Orcacloudではプリンタの共通管理名をPDFとさせていただいております。このため、プリンタ名を「PDF」と登録してください。
割り当てプリンタにはクライアント環境でご利用されているプリンタを設定してください
プリンタ設定

2.職員情報修正
オルカにログインし、業務メニューから[91 マスタ登録]>[101 システム管理マスタ]と進み、管理コード「1010 職員情報」を選択し[確定]ボタンを押します。
職員情報修正

2-2.職員情報修正
「0.マスター」の中から「0001 オルカマスター」を選択してください。
「個別設定」の中の<印刷管理>のクライアント印刷を「1.する」に設定します。
クライアント印刷時ダイアログ表示は「0.表示しない」を選択すると直接印刷、「1.表示する」を選択するとクライアント環境での印刷・保存が可能となります。(使用感の違いはそれそれのリンク先をご覧ください)
職員情報修正

3.請求確認画面
以上を設定すると、請求確認画面で印刷するものを指定し[登録]ボタンを押すと、クライアント環境のプリンタに直接印刷されます。
請求確認画面

クライアント印刷時ダイアログ表示を「0.表示しない」に設定すると、直接印刷が開始されます。

ダイアログ表示しない場合

クライアント印刷時ダイアログ表示を「1.表示する」に設定するとこのような確認画面が表示されますので、プリンタのアイコンをクリックし印刷を開始します。

  • クライアント印刷が行える業務は以下の通りです。

  • 「11 受付」
  • 「12 患者登録」
  • 「21 診療行為」
  • 「23 収納」
  • 「51 日時統計」
  • 業務メニュー画面の再印刷以外の全ての再印刷画面
  • プレビューが可能な全ての業務

HDDのアイコンをクリックすると印刷を行わず、指定先に保存する事も可能です。

ダイアログ表示する場合

OrcacloudでWebブラウザを介さずプリンタに直接印刷する方法の手順は終了です。


[最終更新日 2017/03/13][作成日 2016/04/15]