Orcacloudトップガイド一覧ORCAの操作 ヒント&チップス



■窓口負担に上限のある患者の負担額発生日を変更できない

月の窓口負担に上限のある患者様に診療日を追加し、負担金額の発生日を診療日順に変更したいのですが、変更できません。
収納画面

ORCAの初期状態では、伝票番号順に負担金が発生します。
システム管理マスタ「1039 収納機能情報変更」で「5一括再計算」を「1.診療日順」に変更し[一括再計算]を行います。
「1039 収納機能情報変更」

■患者氏名を修正したのにレセプトに反映されない

患者様のお名前に誤りがあり、修正したのですがレセプトには誤ったままの漢字が記載されてしまいます。

氏名修正時に、旧姓登録をしていませんか。
患者氏名変更時に旧姓登録してしまうと、その月のレセプトは旧姓で作成されます。
旧姓登録

旧姓の削除でレセプトに正しい氏名が反映されます。
患者登録の「入力履歴」タブで、対象の旧姓履歴を選択し[削除]ボタンを押下し[登録]ボタンを押下します。
旧姓履歴削除

■入院患者への調剤料、調基の算定をはずせない

診療行為確認画面で削除指定しても調剤料と調剤技術基本料が削除されません。
診療行為確認画面で削除指定

入院患者への調剤料等を算定しない場合、診療区分が以下へ変更となります。
外用薬 .230→.234
内服薬 .210→.214
頓服薬 .220→.224
区分変更

■定点調査に参加したい

定点調査に参加したいです。

定点調査参加には、医療機関IDの取得と、取得時に日本医師会から郵送される「定点参加番号」が必要です。
システム管理マスタ「1001 医療機関情報」でデータ収集作成フラグを「1 作成する」に設定します。
マスターメニューの[定点調査]ボタンを押下し、次のデータ収集閲覧画面で[設定]ボタンを押下します。
参加同意画面が表示されるので[同意して参加する]ボタンを押下します。
収集データアップロードユーザ設定画面が表示されるので、取得した「定点参加番号」とその他必須項目を設定し[登録]ボタンを押下します。 収集データアップロードユーザ設定画面

※定点調査の詳細は、医療機関ID取得時に郵送される「ご参加の手順書」をご覧ください。
■処方せんに、1回量を記載することは可能か

厚生労働省が推奨する、1日の全量と1回毎の服用量を処方せんに記載することはできますか。

現在のORCAでは、1日の全量✕処方日数での記載・登録のみとなります。

■精神通院+大阪府国保の場合どのように患者登録したらいいか

大阪府国保と併用の場合、窓口負担は0円ですがレセプトには患者負担額を記載しなければなりません。どのようにしたらいいでしょうか。

大阪府国保と併用の場合、「021 精神通院」と合わせて「121 自立補助」を登録します。
「021 精神通院」+「121 自立補助」

※ORCAでは、国保併用の場合のチェックなどは行えません。
■薬剤の選択肢が多すぎる

診療行為登録時に、選択サブ画面に薬剤がたくさん表示されますが、自院採用のもののみに減らすことはできないでしょうか。
選択サブ画面

入力コードの登録を行なったもののみを表示させる事が可能です。
診療行為登録時に、処方する薬剤に対して入力コードを登録すると、次回以降検索時に入力コードが登録されている薬剤のみに絞って検索する事が可能です。
入力コードは4〜6文字の英数字で登録します。(コードを覚えておく必要はないので、もともとのコード下6桁を使用するなど、任意のもので構いません。)
入力コード設定

入力コードの登録を行なった場合、このように表示されます。
([拡大検索]ボタンを押下すると、入力コードの登録のない薬剤を表示させる事ができます。)
入力コード設定後選択サブ画面

■労働者災害補償保険診療費請求書を枠なしで印刷したい

労働者災害保証保険診療費請求書を枠なしで印刷したいのですが、枠付きで印刷されてしまいます。

システム管理マスタ「2005 レセプト・総括表印刷情報」の「総括表」タブでの事前設定が必要です。
「労災診療費請求書 アフターケア委託費請求書」の項目を下記のように設定します。
・選択様式「0 OCR専用様式」
・枠記載区分「0 枠を記載しない」
労災診療費請求書 アフターケア委託費請求書

請求書の印刷処理時は必ず[印刷]ボタンを押下してください。
[プレビュー]ボタンの場合、枠付きで印刷されます。
労働者災害補償保険診療費請求書印刷画面

■労災保険指定医療機関の場合必要な設定はあるか

労災保険指定医療機関の場合、何か事前に必要な設定はありますか。

システム管理マスタ「4001 労災自賠医療機関情報」タブで労災指定医療機関番号の入力が必要です。
「労災指定医療機関」を「1指定あり」、「指定病院番号」に指定番号を入力します。
労災指定医療機関設定

■自賠責保険の点数単価を変更したい

自賠責保険での点数単価を任意の金額に変更したいです

システム管理マスタ「4001 労災自賠医療機関情報」タブで点数単価の変更が可能です。
「自賠責区分を」を「2健保準拠」、「【健穂準拠】」欄に単価としたい金額を入力します。
健保準拠

※技術点と薬剤等点が異なる場合、レセプト摘要欄に「薬剤等(1点単価 〇円)」のように記載されます。
薬剤等(1点単価 〇円)

■入院料の加算等をまとめて入力したい

[入院会計照会]で算定できない入院料の加算をひと月分まとめて登録したいです。

[診療行為]から入力が可能です。
「数量」/「日付」-「日付」
入院加算まとめ入力

※「数量」は、いち日の数量です。1日から31日に毎日算定する場合は
「1(いち日の数量)」/「1」-「31」のように入力します。
■往診日が自動記載されない患者がいる

往診を行ったのに、レセプト摘要欄に往診日が自動されない患者がいます

往診日が自動記載されるのは、該当診療月に「在宅患者訪問診療料」「特医総管」「在医総管」の算定がある場合のみです。
往診日

上記以外で往診日をレセプト摘要欄に記載したい場合は「840000039 (往診 日)」のコメントコードを登録します。

■請求書に記載されない自費名称がある

自費名称の登録は行ったのに、請求書に自費名称が全て表示されません

請求書兼領収書の標準プログラム「ORCHC03」「ORCHC03V02」を使用されていませんか。
自費項目を5個以上記載する場合は「ORCHC03V03」をお使いください。
ORCHC03V03

■レセプト種別エラーとなった場合どうしたらいいか

明細書を作成したら、「主科未設定分又は種別不明分がありますので印刷画面で確認して下さい」となりましたが、どのようにしたらいいですか
レセプト種別エラー

印刷指示画面に進み、エラーの内容を確認します。
「レセプト種別不明」にのみチェックを入れ[印刷]ボタンを押下します。
印刷指示画面

印刷されたレセプト上部にエラー内容が記載されています。エラー内容を確認し、該当箇所を修正してください。
ORCHC03

■注射料と手術料を同会計内で算定しようとしたらエラーになる

手術に関わらない注射料を、同会計内に算定しようとしたらエラーになりました
手術が算定されています。注射料は算定できません

算定内容に問題がないのであれば、再度[登録]ボタン押下で算定登録が可能です。

■請求書兼領収書などの[再印刷]の保存期間を変更したい

請求書兼領収書などの[再印刷]の保存期間を変更したいです

システム管理マスタ「8000 印刷データ等削除機能情報」から変更が可能です。
「8000 印刷データ等削除機能情報」

初期状態では1ヶ月分する設定です。「999」を指定すると過去分の削除処理は行いません。
■初診料(DUMMY)が、実日数としてカウントされてしまう

初診料(DUMMY)を登録すると実日数としてカウントされてしまいます。実日数としない方法はありますか
初診料(DUMMY)実日数カウント

「099409903 実日数減算」コードを登録することで可能です。
「099409903 実日数減算」

登録後のレセプトはこのようになります。
初診料(DUMMY)実日数カウント減

■未収金の差額を次回の会計に合算したい

未収金が発生している場合、次回の会計時に合算して請求(返金)したいです

システム管理マスタ「1038 診療行為機能情報」の「1:入金の取扱」を「2.今回請求分・伝票番号の古い未収順に入金」か「3.今回分・伝票の新しい未収順に入金」のどちらかに設定することで可能です。
入金の取り扱い

「8:入金・返金額設定」を「3.一括入金・返金反映」にすると、会計画面で金額が反映された状態で表示されます。
「3.一括入金・返金反映」

[最終更新日 2018/8/29][作成日 2016/06/20]