Orcacloudトップニュース

■Orcacloud.jp:ニュース


コールセンター(電話対応)の臨時休業(08/26)

社員ワクチン接種のため以下の日時で、コールセンター(電話対応)の臨時休業をお知らせいたします。

・8月30日(月)終日


同日は、電話をお繋ぎすることが出来ません。メール、ヘルプチャットなどのサポートは通常通りです。
ご迷惑をおかけしますが何卒宜しくお願いします。




ガイド更新-「GlassOrcaの操作 ヒント&チップス」を更新-(08/23)
ガイド「GlassOrcaの操作 ヒント&チップス」を更新いたしました。

「GlassOrcaの操作 ヒント&チップス」内税で自費マスタを作成したい
「GlassOrcaの操作 ヒント&チップス」小児かかりつけ診療料を自動算定したい
「GlassOrcaの操作 ヒント&チップス」75歳到達月で誕生日前に死亡した患者様の自己負担限度額を、医療保険制度のみで計上したい

コールセンター(電話対応)の臨時休業(07/13)

設備工事を以下の日時で実施するため、コールセンター(電話対応)の臨時休業をお知らせいたします。

・7月19日(月)13時より終日
・7月20日(月)13時より終日

同時間帯は、電話をお繋ぎすることが出来ません。メール、ヘルプチャットなどのサポートは通常通りです。
ご迷惑をおかけしますが何卒宜しくお願いします。





GlassQkan L 9.5のパッチリリース9.5.3が出ています(07/01)

2021年4月介護報酬改定に対応したGlassQkan L 9.5をリリースしましたが、バグ対応や問い合わせ内容に対応したパッチ9.5.3がリリースされています。
9.5リリース後間もなくで恐れ入りますが、9.5.3をお使いいただくようお願いします。

GlassQkan L 9.5.3ダウンロード

自動更新はないので、ダウンロードおよび解凍してお使い下さい。




感染症対策実施加算、乳幼児感染予防対策加算の自動算定について(04/22)

下記施設基準を登録することで、感染症対策実施加算、乳幼児感染予防対策加算の自動算定が可能です。

0997 感染症対策実施加算(自動算定)
0998 乳幼児感染予防対策加算(自動算定)

■設定方法
[91 マスタ登録]→[101 システム管理マスタ]と進み、管理コードに「1006 施設基準情報」を指定します。
選択コード欄に、「0997」「0998」を指定し、Enterキーを押下します。
該当の施設基準のフラグを「1」に変更し、[確定]ボタンを押下します。
0997,0998を設定



2021年4月介護報酬改正に対応したGlassQkan L 9.5リリース(03/16)

2021年4月介護報酬改定に対応したGlassQkan L 9.5リリースしました。

GlassQkan L 9.5ダウンロード
自動更新はないので、ダウンロードおよび解凍してお使い下さい。
※4月になって旧バージョンを使用していても、後から、[実積確定]操作をバージョン9.5で行えば改定されます。




コールセンター(電話対応)の臨時休業(03/16)

設備点検を以下の日時で実施するため、コールセンター(電話対応)の臨時休業をお知らせいたします。

・3月22日(月)11時より終日

同時間帯は、電話をお繋ぎすることが出来ません。メール、ヘルプチャットなどのサポートは通常通りです。
ご迷惑をおかけしますが何卒宜しくお願いします。





株式会社SRLの検体検査がGlassDolphinに取り込み可能に(03/04)

株式会社SRLの検体検査がGlassDolphinに取り込み可能になりました。



モバカルネットへGlassQkan LのFDBファイルを取り込み時の注意点について(01/08)

モバカルネットにGlassQkan LのFDBファイルを取り込むときに行う[収納情報更新]において、
実行中表示のWeb画面を閉じたり、ページ遷移したり、あるいはPCごとサスペンドやログアウトなど処理途中で終わらせないようにしてください。
取り込み完了の画面が表示されるまでそのまま待って下さい。

モバカルネットWeb画面

ガイド更新-「GlassOrcaの操作 ヒント&チップス」を更新-(01/08)
ガイド「GlassOrcaの操作 ヒント&チップス」を更新いたしました。

「GlassOrcaの操作 ヒント&チップス」モバカルネットにGlassQkan LのFDBファイルがうまく取り込めない
「GlassOrcaの操作 ヒント&チップス」患者登録の介護保険情報は GlassQkan L に反映されるのか
「GlassOrcaの操作 ヒント&チップス」病名の診療科を一括で変更したい

乳幼児感染予防策加算について(12/23)
12月21日までの間に、乳幼児感染予防策加算のマスタ対応を行ったユーザへご連絡です。

22日に乳幼児感染予防策加算の区分訂正分のマスタ更新がありました。
このため、23日までに初診料(小児科外来診療料を除く)における当該加算を算定してる場合は、
診療行為入力から訂正で呼び出し、再登録が必要となります。

訂正登録を行っていただかないと、レセプトで点数誤りになる可能性があります。

お手数ですが、該当加算を算定した患者様に対して、診療行為の訂正を行っていただきますようお願いします。
※訂正時に、入力内容等を変更いただく必要はございません。訂正画面を開き、何も変更されないまま登録処理を行ってください。
診療行為再登録

下記マスタは、現在ご要望いただいたユーザ様から順に適応を行っております。
加算の算定を予定されている場合、カスタマセンターまでお申し付けください。

111013970 乳幼児感染予防策加算(初診料・診療報酬上臨時的取扱)
112023970 乳幼児感染予防策加算(再診料・外来診療料・診療報酬上臨時的取扱)
113033270 乳幼児感染予防策加算(小児科外来診療料等・診療報酬上臨時的取扱)


年末年始の営業のお知らせ(12/16)
Orcacloudカスタマセンターは12月29日(火)から1月3日(日)まで休業日となります。

・メールサポート:12月28日(月)17時半まで
緊急のものは無休対応いたします。
緊急性の低い内容は、年明け営業日以降のご返信となることをご容赦下さい。

・電話サポート・チャットサポート:12月28日(金)17時半まで
これ以降はメールでのご連絡をお願いいたします。
電話・チャットをいただいても対応が出来ませんが、メールの確認は無休で行っております。


GlassOrca 3.0.0リリースしました(11/21)
GlassOrca 3.0.0リリースしました。ダウンロードしてお使い下さい。

GlassOrca 3.0.0



在医総管算定月の、往診・訪問診療を行った年月日が自動記載となりました(10/21)
在医総管算定月の、往診料、訪問診療料を算定した場合に
往診を行った年月日、訪問診療を行った年月日が自動記載されるようになりました。

■在医総管算定月に、往診料、訪問診療料を算定した場合
在医総管算定月に、往診料、訪問診療料を算定した場合



訪問診療を行った年月日の自動算定の条件が変わりました(09/09)
今までは、在宅患者訪問診療料を算定した場合訪問診療日を自動で記載していましたが、
当該月又はその前月に往診を算定している場合にのみ、自動で記載するよう変更になりました。
上記以外の条件で訪問診療日を記載したい場合は、選択式コメントコードをご使用ください。

■当該月又はその前月に往診を算定している場合
当該月又はその前月に往診を算定している場合

■選択式コメントコード
選択式コメントコード




料金体系が変わりました(07/16)
料金体系が変わりました。

以前あった、H2プラン以上がなくなり、H1プランまでとなりました。
H1プラン以上は基本的にM4プランと同じ、基本利用料月額が11,000円(税抜)となります。
※負荷が高いなど使用ケースに応じては、相談の上、料金が高くなる場合があります。

新しい料金体系の表はこちら 



「GlassDolphin 3.0.3」 をリリース(05/22)
用法の一覧の昇順化、スタンプボックスの問題を解消するなどのユーティリティ向上およびパッチ対応をしました。

新バージョンを使用するには再度ダウンロード+解凍(展開)して使用して下さい。



「GlassQkan L 9.2」 をリリース(04/27)
介護給付請求(居宅療養管理指導)のクラウド「GlassQkan 9.2」をリリースしました。
パフォーマンスの大幅な上昇、最新のカレンダー対応、GlassOrcaからの患者情報取り込み時にIDを一致するなど機能向上した9.2をリリースしました。

新バージョンを使用するには再度ダウンロード+解凍(展開)して使用して下さい。 GlassQkan L 9.2.0



新型コロナウイルスによる時限特例 「電話等を用いた初診」について(04/10)
新型コロナウイルスによる時限特例 「電話等を用いた初診」が4月10日に通達されました。
この行為はまだコード・マスタ化されていませんので、現在は、Orcacloudで有料ユーザ様個別に対応しています。
ご希望の方はご連絡下さい。※4月25日現在全ユーザ対応済みです。



新型コロナウイルスによる時限特例 「電話等を用いた初診」について(04/10)
新型コロナウイルスによる時限特例 「電話等を用いた初診」が4月10日に通達されました。
この行為はまだコード・マスタ化されていませんので、現在は、Orcacloudで有料ユーザ様個別に対応しています。
ご希望の方はご連絡下さい。

一部の環境でPDF・画像ファイルのセッションが切れる現象を解決したGlassDolphin 3.0.1リリース(04/06)
一部の環境でご連絡を受けていた、PDF・画像ファイルのセッションが切れる現象を解決したGlassDolphin 3.0.1をリリースしました。

ファイルをクラウド上に格納出来る GlassDolphin 3.0.0 をリリース(03/20)
GlassDolphinも完全クラウドへ。ファイルをクラウド上に格納出来る GlassDolphin 3.0.0 をリリースしました。

電子カルテに付随する画像資料やPDF資料を患者ごとにサーバ側で保存することが可能になりました。 GlassDolphin 3.0.0

GlassQkan LにてFDBファイルをエクスポートするサービスを開始-(02/19)
モバカルネットなど一部の周辺アプリの連携機能で必要なFDBファイルエクスポートサービスをスタートしました。

FDBファイルはスタンドアロンのGlassQkanで使用していたFDBファイルという、データベースーファイルです。
Lになりますと、すべてクラウド対応になりますが、このFDBファイルもなくなります。

使用自体には問題ないですが、モバカルネットなど一部周辺アプリケーションにおいては、このFDBファイルが必要な場合があります。 このファイルを作成しお届けするサービスです。

ガイド更新-「GlassOrcaの操作 ヒント&チップス」を更新-(02/04)
ガイド「GlassOrcaの操作 ヒント&チップス」を更新いたしました。

「GlassOrcaの操作 ヒント&チップス」他システムで初診料算定済の場合どうしたら再診料から算定可能となるのか
「GlassOrcaの操作 ヒント&チップス」普段は包括対象としているものを出来高算定したい


macOS Catalina対応の[JAR]GlassDolphinをリリースしました(01/06)
macOS Catalina対応の[JAR]GlassDolphinをリリースしました。

macOS Catalinaでは、GlassDolphinが正常に起動されないことを確認しており、 この度、修正をリリースしました。

ダウンロードページ