Orcacloudトップガイド一覧VPN接続方法(Windows編)

■Orcacloudを使うためのクライアント環境の設定 VPN接続方法(Windows編)


ここでは、SoftEtherでVPN環境を構築しORCAを利用する方法について紹介します。
(あらかじめ、OrcacloudをVPN環境で使用することを取り決めし、ソーソーから連絡があった方のみに必要となる設定です。
通常のユーザ様で必要となる設定ではございません。)



※SoftEtherとは筑波大学が開発した、仮想ネットワーク環境を構築するためのオープンソフトウェアです。


◆SoftEtherのインストール方法


1.SoftEtherをこちらからダウンロードをします。

SoftEtherダウンロード画面
SoftEtherダウンロードページ

2.以下の内容を選択します。

ダウンロードするソフトウェア SoftEther VPN (Freeware)
コンポーネント SoftEther VPN Client
プラットフォーム Windows
CPU Intel(x86andx64)

すべての項目を選択すると、ダウンロード可能なファイルが表示されます。beta版を避けて、リリースの新しいものをダウンロードしてください。
ダウンロードするファイルの選択


3.ダウンロードしたsoftether-vpnserner_*******-inter.exeを実行してください。
SoftEther VPN セットアップ画面が表示されますので[次へ]ボタンを押してください。
VPN セットアップ画面

4.インストールするソフトウェアの選択をします。
「SoftEther VPN Client」を選択し[次へ]ボタンを押します。
SoftEther VPN Client

5.画面の指示に従って[次へ]ボタンを押して進み、インストールを行ってください。
インストール確認画面

SoftEtherのインストール方法は以上です。


◆VPN設定


1.インストールを終えるとデスクトップにアイコンが作成されますので、クリックして起動します。
SoftEtherアイコン

2.クライアント接続マネージャー画面が開きます。「新しい接続設定の作成」をダブルクリックします。
「新しい接続設定の作成」

3.新しい接続設定のプロパティ画面が開きます。以下の項目を設定し[OK]ボタンを押してください。

接続設定名 お好きな名前を設定してください
ホスト名 ソーソーが個別にお伝えいたします。
ポート名
ユーザ名
パスワード

クライアント接続マネージャー画面

3.設定が完了いたしました。
設定完了

以上でVPN設定の手順は終了です。


◆ORCAの起動


1.先程作成した接続情報をダブルクリックし、VPN通信に接続します。
VPN通信に接続

2.ORCAを起動し、基本設定を入力し[接続]ボタンを押します。
ORCA基本情報

3.ログインができたらVPN接続でのORCAの起動は完了です。
ORCA管理画面

4.接続設定名を右クリックし、「スタートアップ接続に設定」を選択すると、次回以降マシン起動時にVPN接続が自動で接続されます。
スタートアップ接続に設定

以上で手順は終了です。

[作成日 2017/03/13]